本文へ移動

しきものトピック

畳のお手入れについて [基本編]
2007-10-04
やさしく働いてくれる畳。
その畳の働きを十分に助けるためにも私たちも畳にやさしくしてあげたいものです。
 
ダニの発生を防ぐために
1.年に1、2回晴れた日に畳を少し持ち上げ、下にビール瓶や空き缶 などをはさんで風を通す。
2.畳の上にじゅうたんやカーペットを敷くのはやめる。
3.水気の多いぞうきん掛けはしない。
4.晴れた日には窓を開け放しにして室内を乾燥させる。
5.梅雨時や夏には除湿器で湿気をとる。
6.台所の調理の湿気や浴室の湯気を他の部屋に入れない。
7.掃除をマメにすること
8.加湿器を過剰に使用しない。
 
畳を長持ちさせるために
1.直射日光をふせぐ。
2.ホットカーペットによる乾燥しすぎに注意する。
3.掃除機は静かにゆっくり同じ部分を何度か往復させる。
4.畳表は2~3年で裏返し、4~5年で表替えをする。

畳の日焼けを遅くするために
酢を少し混ぜた水で固く絞った後、雑巾がけを時々する。
(日当たりの良い場所の畳には効果的)
0
1
2
4
7
3
6
TOPへ戻る